わたしの生きる力になってくれる愛すべきモノや知ってよかったことなどをご紹介しています。

わたしに元気をくれる素敵な♪モノ・コト

食に関する気になるコト

添加物をやめると?体にいい効果がたくさんある!

お菓子はやめられる?

添加物をやめることは無理でも大幅に減らすことはできます。

お菓子を減らし、カップ麺やすぐ食べられる加工食品を減らし、調味料は無添加にすることです。

パン食をやめ、分搗きごはんか玄米ごはんにし麺類はお蕎麦にします。

これだけで、体に悪い添加物、小麦のグルテン、乳製品のカゼインを減らすことで体の調子は格段によくなりますよ!

気づかなかった体の老廃物が少なくなるって体が軽くなって爽快です。

添加物をやめたら痩せたのは、体から老廃物が減ったから体重も減るわけですね。

つまり良いものを食べる前に悪い添加物や老廃物を出す方が先なのです。

お部屋だって掃除せずにお花や絵を飾ってもきれいじゃないでしょ?それと体も同じです。




お菓子毎日を食べる習慣はやめるべき!少量ならOK.

お菓子はおいしいのでなかなかやめられないですね?

しかも安いし簡単に食べられるから。

体には悪いんじゃないかな?と思っていてもすぐに困る結果がでないからおいしさに負けるのです。

太り過ぎていても慣れていたり。悪いことが見える化されていたら止めやすいのにね?

体中が荒れまくってかゆいとかになれば止められるでしょうけれど。

お菓子を食べ過ぎていることが将来不健康な体になることを知ればやめられますよ。

お菓子はたまになら食べてもいいもの、と決めてください!

又はお茶のお供にひとかけらのチョコとかシュークリーム一個とかなら毎日食べてもいいでしょう。

 

お菓子を食べ過ぎると太る!

お菓子を食べる習慣になっていると少々太めなのが一般的です。

若いときはよく動いていれば太らない場合もあるでしょう。

お菓子は糖質が多いのでごはんやラーメンを食べ過ぎていても同じような糖質過多になっている場合もあります。

では、お菓子と白米の食べ過ぎは同じか?というと違います。

白米は単に糖質が多いだけ、お菓子の食べ過ぎは糖質や塩分、油脂と添加物を摂り過ぎになるのでさらに体に悪いです。

お菓子の原材料により違いもあります。

甘いお菓子、塩辛いお菓子、小麦粉、乳製品、添加物の種類と量、によって害も違います。

ユーチューブで大人気のマコなり社長も言われていました。

菓子パンは最も買っていないけない食べ物の代表であると。

菓子パンは悪いもの全部入りなんですね。小麦のグルテン、乳製品のカゼイン、砂糖、トランス脂肪酸やその他添加物が全部入りなんですね。

例えば米粉のおかきなら、グルテン、砂糖、トランス脂肪酸は入っていないのが多い。

イモケンピでよい油で揚げていたらトランス脂肪酸と砂糖以外ははいっていない、とかなのですが、

カップ麺の食べ過ぎは、糖質、塩分、添加物の摂り過ぎになります。

カップ麺もスープを飲まなかったらほぼ糖質とグルテン以外は除去され、栄養少ないエネルギーだけを食べたことになります。




お菓子やめると健康効果は大き過ぎる!アレルギー症改善効果も大♪

アレルギー症改善にもっとも大きいのは、小麦のグルテン、乳製品のカゼイン、あらゆる添加物、劣化した油脂です。

お菓子にはこれらの体に悪いものが全部入りが多いです。

  • 白砂糖
  • 小麦粉
  • 乳製品
  • トランス脂肪酸入り油脂や劣化した油脂
  • 添加物
  • 原塩(あまりよくない塩)

砂糖は虫歯になるし、歯が悪いと全身の不健康につながります。

小麦粉はグルテンが消化しにくく肝腎に負担をかけ、腸や脳も傷つけるといわれます。

乳製品もカゼインが日本人には消化されにくく肝腎に負担をかけます。

グルテンもカゼインもたくさん摂ることで体の老廃物の処理がしきれずに体に残ることでアレルギー症になりやすいです。

添加物は、保存料、うま味、色、混ざりやすくする物質などです。

以上の、砂糖、小麦粉、乳製品、トランス脂肪酸やその他の添加物をかなり減らすことでアレルギー症状は改善しますよ。

 

白砂糖の害はカルシウムも奪うし糖質過多にもなる

白砂糖は血糖値がすぐ上がりすぐ下がります。

血糖値がゆっくり上がりゆっくり下がることが健康な食べ方の基本です。

砂糖は血液を酸化させます。

カルシウムを奪い体の歯や骨が弱くなります。

骨が丈夫なことは健康の基本です。

骨を丈夫にするには、カルシウムを取り砂糖を控え運動する3点セットが必須です。

高齢者が転んで骨を折るのはカルシウムを食べていないからではなく運動不足が原因だと医師はいいます。

カルシウムは食べるだけでは体が吸収しないのです、運動とセットでなければ。




栄養バランスのよい食事がお腹が空かない

お腹が空かない方法は、栄養バランスの良い献立で食べることなんですね。

1日の間でご飯や麺類だけ、次に肉だけ、次に野菜だけ、お菓子だけというような分けた食べ方はダメです。

これは勝間和代さんのブログで知り目からウロコでした。

テレビ番組の美木良介さんのロングブレスで痩せる方法を体験した時なかなか痩せなくて…

栄養バランスの良い献立にすることでお腹が空きにくく食べ過ぎにならないことで痩せたのだそう。

タニタ食堂を始めたことで社員がどんどん健康になった!というのと同じ原理だと思います。

会社で食べるの1日一回のランチだけでそんなに変わるの?と思ったのですが納得です。

わたしも1日に一回、ご飯、お味噌汁、メインのおかずと野菜のお浸しを量多めに食べるとお腹が空きません。

なのであとは一回の軽食ですみます。

この習慣で49kgでやや太めだったのが47kgになりお腹がへこみ体が軽くなりました。

小柄の2kgってこんなに体快適になるの?とびっくりでした。

糖質、脂質、タンパク質、ミネラルをバランスよく食べるとお腹が空きにくいのです。

ミネラルとはビタミンやカルシウムなどでエネルギーにはならない栄養素です。

栄養バランスだけでなく、繊維質や硬いものも食べよく噛むことでさらにお腹はすきにくいし食べる量が減ります。

白米は糖質がほとんどですが玄米や分搗き米にすれば、繊維質やビタミンその他の栄養もあり、血糖値もゆっくり上がりゆっくり下がります。

分搗き米とは、3分搗きや5分搗きです。7分搗きでも白米よりはいいですができれば5分か6分以上がおすすめ!

そしてパン食を控えれば、分搗き米にするだけでもかなり栄養バランスも改善されますよ。

日本人の食卓からご飯が減りパン消費が増えているのはあまりにももったいないです。

 

アレルギー症状は食物が主原因!それ以外は副

アレルギー症状のある人は食べ物が一番、次に清潔な部屋でダニやホコリを減らすと改善されますよ。

実は花粉は第一の原因でなありません。花粉は昔からあったんですが体で処理しきれたのです。

処理しきれなくなったのは、お菓子や加工食品が多くなり添加物が多くなったこととパン食や麺類が増えていること!

 

アレルギー性肌荒れを6か月で治した方法

わたしは中学生からアレルギー性鼻炎を感じたのですが特に困るほどでもないので過ぎていきました。

のちに、その理由はハンノキと杉が多かったのでそれが原因だと思っていました。

ですが、生まれ時からハンノキと杉は多かったのです。

中学生で変わったのは、毎日パンと脱脂粉乳の給食になったことでした。

結局、ハンノキ、スギ花粉よりも、パンのグルテン、脱脂粉乳のカゼインが原因だったと後で思いました。

60才過ぎてから突然、頭皮、顔、首が荒れやすくなり困って皮膚科に行っても改善しませんでした。

長年蓄積されたものがいっぱいになりわたしの体が処理しきれる許容量を超えたのですね。

私のような人は結局薬を飲み続け抑えるのだそうです。

でもこれでは抑えただけで改善はされていないのです。

そこで本で調べ、グルテン、カゼイン、添加物を徹底して減らしたのです。

  • パン食はやめる
  • 主食は分搗き米のごはん
  • うどん、ラーメン、パスタをやめる
  • 麺類ならお蕎麦を優先
  • 小麦粉、乳製品のお菓子をやめる




お菓子はたいてい小麦粉、乳製品、トランス脂肪酸、添加物を使っている

米粉のお菓子でも添加物は多く使っているんですね?

例えば、米粉のおかきは小麦も乳製品も使っていないけれど添加物は結構入っています。

砂糖は少量ならたまには食べるというスタンスにしたのですが、添加物もグルテンもカゼインも使っていないお菓子がほとんどないのです。

イモケンピなら原材料は、イモ、砂糖、植物油だからいいかと思ったのですが、植物油にトランス脂肪酸が使われています。

家で作れは、イモ、太白ゴマ油、甜菜糖でつくると健康的なおやつになります。

八つ橋は米粉、シナモン、砂糖なので添加物なしでした。

めったに添加物なしのお菓子はないのです。

皮つきピーナッツとか素焼きナッツくらいしかないのです。

約、半年でアレルギー症状は消え、今はたまには普通のお菓子を食べるくらいにしているとアレルギー症状はでません。

パスタ、うどん、ラーメン、パン、アイスもたまになら大丈夫です。

 

カゼイン、グルテン、添加物を減らすとアレルギーが消える理由は?

私の場合は小麦アレルギーとかではないのです。何十年も食べていました。

添加物は体に害なので肝腎で解毒します。

グルテンもカゼインも日本人は吸収しないので肝腎で解毒されるんですね。

ですが、添加物、グルテン、カゼインが多すぎると解毒しきれなくて体に残り肌荒れや体の不調になるのです。

だからそれらを極力摂らないことが体にいいのです。

皮膚科で処方されるつけ薬は抑えるだけなので治せないのです。

飲む薬で抑えている人もいますが治ってはいませんしずっと飲み続けって副作用もあります。

肝腎は解毒作用をしてくれるので、その仕事量の範囲内なら食べても出ないのです。

結果。49kgから47kgにやせ体が軽くなりました。

なれればお菓子はたまに食べるものという習慣になりますよ。

引き換えに体快適で爽快感がたまりません。

アレルギー症状は出ていなくても、砂糖、小麦粉、乳製品、添加物の大幅カットはおすすめです!

体から総廃物や添加物を排出することは健康効果は高いですよ。

良いものを体に入れる前に悪いものを出す方が先です!

添加物をやめたら痩せたは老廃物が排出しやすくなるのでダイエットにもなるんですね?

 

-食に関する気になるコト

Copyright© わたしに元気をくれる素敵な♪モノ・コト , 2021 All Rights Reserved.