わたしの生きる力になってくれる愛すべきモノや知ってよかったことなどをご紹介しています。

わたしに元気をくれる素敵な♪モノ・コト

美しいと健康はいっしょ!

【コロナ禍】ウイルス感染の重症化を防ぐカギ!

 

コロナ禍は(コロナか)と読みますよ。

禍はワザワイのこと。

コロナ感染を疑ってもすぐに検査もしてもらえない、陽性とわかっても入院もできない事態になるとは予想できたでしょうか?

コロナ禍は普段から免疫力をつける健康な体にしておくことや

ウイルスがついていそうなものは常にアルコール消毒することを習慣にしたいですね?

 

抗酸化物質を多く含む野菜を加熱して食べる【免疫力アップ】

動物よりも植物の方が生命力が強いから、植物を食べる方が人の生命力も強くなる、というのは自然食派の基本です。

この考え方はわたしにはすんなり納得できるので実践しています。

人は命を他者からいただいて生きているし、命あるものしか命は養えないというのはすごく自然な考え方だと思いませんか?

ういるには負けない

コロナ禍で食事を見直す

新型コロナは野菜スープで予防できると化学者で熊本大名誉教授の前田浩氏は言われます。

野菜の取り方を見直すことで、ウイルスや細菌から身を守る免疫力がグーンとアップするとのこと。

さまざまなウイルス感染による重症化を防ぐカギは、活性酸素の働きをいかに抑えるかにかかっている。

その働きを担うのが、抗酸化物質。

抗酸化物質は野菜に多く含まれていて、実は生食より加熱して食べる方が効率よく摂取できるのだそう。

 

野菜の抗酸化物質を多く含むのは?

  • トマトのリコペン
  • ホウレンソウやブロッコリーのルテイン
  • 大豆のイソフラボン
  • タマネギのケルセチン

など、総称してファイトケミカルと呼ばれるもの。

「野菜の植物細胞を覆う細胞壁は、噛んだりミキサーで処理したりしてもほとんど壊れません。細胞壁が壊れなければ、食べてもそのまま排泄されるだけですが、加熱すると破裂して、中のファイトケミカルや食物繊維が出てきます。そのため、生食の抗酸化力を1とすると、加熱時は10~100倍。焼いても煮ても構いませんが、いつでも食べやすいので、野菜スープがおすすめです」

前田家の作り方
(1)定番野菜は、タマネギやキャベツ、ニンジン、カボチャ、セロリやブロッコリー(茎も)、ホウレンソウや小松菜などから、その時々によってなるべく多くの種類を組み合わせるのがコツ。大根やニンジンの葉はクセがあっても、抗酸化力が強く、加えること。それぞれ適当な大きさに切る。

(2)①を2、3リットルの水で30分~1時間煮る。

(3)粗熱をとったら、ミキサーでポタージュ状にしてタッパーなどで冷蔵庫に保存しておく。
基本的に味付けをしないが、飲むときに味噌や岩塩、出汁しょうゆを少し足してもよし。

10年以上、毎朝温め直してマグカップ7分目ほど飲んでいると、風邪などの感染症にはほとんどかからないという。

 

20年風邪ひかない!わたしの野菜スープの作り方

ミキサーを使うのが面倒と感じるので小口切りにした根菜類を煮込んで食べています。

味付けは塩のみ。

ジャガイモ、キャベツ、玉ねぎ、にんじん、カボチャが基本。

一度に2日分くらい作ります。

野菜スープは毎日でなくても、煮たり焼いたりした野菜も食べるのを習慣にすればいいかな?と思っています。

それで、予防接種もしませんが20年くらい風邪はひいていません。

 

ウイルス感染予防に大切なこと

お部屋を清潔にしておくことも大事ですね?

よくホコリでは死なないといい、掃除機は週一くらいしかけないという人がいますが間違いだと思います。

ダニやホコリで、ぜんそくやアレルギー症状の原因にもなることは知られた事実ですから。

ダニ掃除を徹底する

ダニのフンには、プロテアーゼというタンパク質分解酵素があります。

だから、ダニの糞は掃除機で除去する習慣にしないとね?

寝具もお日様に干したあとは、布団の掃除機でホコリやダニの糞は除去しましょう。

マウスの鼻にこれを入れてインフルエンザウイルスに感染させると、ないときよりウイルス量は100倍になり、マウスは100%で死ぬとのこと。

あらゆるウイルス感染やアレルギー予防にもダニ掃除をしておくのが無難です。

 

うがいと手洗いは念入りに

外出先から帰ったら、必ず手洗いとうがいをする。

外出から家に戻ると手を洗うのはたいてい習慣になっていると思いますが、うがいは意識しないとできないですね。

新型コロナウイルスの場合は、特に手洗いが大切ちいわれます。

手や指についた病原体は、石鹸を使って念入りに落としましょう。

家族が一緒の暮らしは、タオルペーパーがいいですよね?

 

ドアノブや手すりはアルコール消毒もこまめに

お家でもドアノブ、階段の手すりやバッグの持ち手などはアルコール消毒をしましょう。

お財布やお金もあまり使わない方向へシフトした方がいいと思えます。

お財布のアルコール消毒は無理ですが、電子マネーやカードなら消毒もかんたんです。

お家で通販利用できるものはパソコンから注文し、大きな支払いはカードで細かい支払いは電子マネーに。

 

十分な睡眠・食事・運動は健康の基本

私たちの体にもともと備わっている、病原体への免疫力がきちんと働くように、

  • 十分な睡眠
  • バランスのとれた食事
  • 適度な運動

というのは当たりまえ。

コロナ禍はあり得ないような不運なできごとですが、これを機に学ばなければね?

無理をして体を酷使することを立派なことだと考えるのはやめましょう。

 

ウイルスをバラまかないためにマスク着用を習慣に

ほとんどのウイルスはマスクを通り抜けられるといいます。

それでも、手についた病原体が直接口に入るのを防いだり

自分のせきやくしゃみによる飛沫を広げないという効果があります。

春は花粉よけ、夏は紫外線よけ、冬は防寒効果もあります。

-美しいと健康はいっしょ!
-

Copyright© わたしに元気をくれる素敵な♪モノ・コト , 2020 All Rights Reserved.